SRIでは調査時にカビの発生原因を追究し、計画策定から施工までを一貫して行いカビの生えにくい環境を構築します。

豊富な知識を基に、全面的に大規模な工事が必要ない箇所は部分的に特殊な美装処理を施すことが出来るためご予算に応じた最も効果的なプランをご提供することが可能です。

一般住宅から施設や工場まで幅広く対応しております。


建材等に発生し、増殖して汚染が進行したカビは除菌処理で死滅したとしても、カビの死骸は残り変色やシミとして残っていしまいます。

そこでSRIでは特殊な美装技術により建材を取り替えることなく、元の素材を活かして美観を取り戻す処理を施すことが可能です。

そのため、取り替えと比べ費用を抑えた施工を行うことが出来ます。


光触媒とは

光触媒は、太陽や蛍光灯などの光を吸収して、その表面に強力な酸化力と親水性を生み出す材料です。

 

建物の外壁に光触媒を塗布すると、セルフクリーニング効果で壁が綺麗に保たれます。

室内の壁紙やカーテンに光触媒を塗布すると、その表面でニオイ分子を分解して消臭し、さらに、菌やウイルスの活動を抑制します。

光触媒は繰り返し効果を発揮するので、そこに光があって、空気と水があれば、私たちが気づかないに働き、きれいな環境を保ちます。

 

光触媒が優れているのは、これらの効果のために特別な薬品や電気の力を必要としないところ。

廃棄物が出ないので環境や生態系にもやさしく、自然な形で人々の暮らしに寄り添うことのできる材料と言えます。

 

安心・安全が大切なこれからの社会において、光触媒は大きな役割を担います

 

SRIの光触媒コーティング

SRIの光触媒コーティング施工は信越アステック㈱の高性能可視光応答型光触媒コーティング液Tersusシリーズを使用します。

可視光のみでなく、従来型のように紫外線にもしっかり反応。

優れたガス分解力・吸着力で、VOCや生活臭を低減します。

 

高い抗菌性が常時発現します。


光触媒の機能

酸化チタンをはじめとする光触媒は、光を吸収して励起し、発生した電子と正孔の作用で表面に「酸化分解力」「超親水性」を 生み出します。

「酸化分解力」とは、光触媒表面に発生した活性なラジカルの酸化力によって、有機物を攻撃し無害な二酸化炭素と水まで分解する作用を言います。

「超親水性」とは、光触媒表面の化学結合が変化し、水酸基などの極性基の作用によって水分子が強く引きつけられ、水が濡れ    広がりやすくなる性質を言います。

 

これらの2つの原理の組み合わせにより、光触媒製品はその表面で様々な効果を発揮します。


光触媒表面に付着した汚れは、酸化分解力の作用で徐々に分解され付 着力が弱まっていきます。

超親水性の作用により表面が水になじみやすくなっているので、水が かかると汚れは浮かび上がって洗い流されます。

 

また、親水性表面は帯電しにくいため、ホコリが付着しにくくなる効果も期待できます。



生活臭やシックハウス症候群の原因となる VOC(揮発性有機化合物) は、小さな分子状で空中に漂っています。

光触媒表面にこれらの分子が吸着したところに光が当たると、酸化分 解力によって分解・除去されます。

ニオイを隠したり変化させるのではなく、分解除去してしまう効果は、 光触媒にのみ実現可能な、優れた機能です。

屋外においては、排気ガスや排煙に含まれている有害な窒素酸化物(NOx) を酸化し空気中から除去することで、環境浄化にも貢献します。



光触媒の酸化分解力によって、細菌やウイルスは外膜や膜構成タンパ クを破壊され、活動を停止します。

食中毒や感染症の原因となる菌の活動を抑え、住環境を衛生的に保つ ことができます。また、トイレなどでは、悪臭を発生させる細菌の活動 を抑えることで、ニオイの抑制にもつながります。

 

一般的な抗菌剤と異なり、光触媒は様々な種類の菌・ウイルスに効果を発揮する利点があります。