さまざまな菌やウイルスによる環境被害が拡大する現代社会。

その中でSRIではウイルスや菌はもちろんのこと、特にカビに特化した除菌・抗菌サービスを提供しています。また、強力なオゾン処理も取り入れており、殺菌効果を高めると同時に強力な脱臭も行います。

カビは住居や施設など建物内外問わず様々な場所に発生し、屋内で発生するカビについては60種類ほどあると言われています。

一度発生したカビを放置してしまうと更に拡大していき感染症、アレルギー、喘息、中毒等の健康被害を引き起こす恐れがあり早期の対策が必要不可欠です。

 

 

 

しかし、一般的に家庭でできる対策といえば市販のカビ取り剤が主流となっていますが、市販の液剤では表面上は除去できても完全に除去することが難しくすぐに耐性菌が出来てしまいカビが再発生してしまいます

 

自分でやってみてもまた生えてきてしまう、業者に頼んだが結果は変わらず...

カビの除去、カビ発生サイクルの阻止は私たちが解決します。


SRIでは状況に応じて使用する液剤を選定・調合しています。

使用する薬剤は専門スタッフが厳選する完全プロユースなもののみを使用。

また、SRIではウイルス及び菌の対策や防カビに非常に高い効果を発揮するGenikoシリーズを取り扱っております。

 

Genikoシリーズは抜群の効果確実な安全性を追究した製品となっており、ご家庭での使用はもちろんのこと、さまざまな業種のプロの職人達が実際の現場でも活用している製品となっております


 

SRIでは基本的に殺菌処理を1次殺菌、2次殺菌と2回に分けて行います。

1次殺菌処理と2次殺菌処理で違う液剤を使用するため耐性菌ができにくい処理を施し殺菌効果を高めています。

 

使用する液剤は食品添加物を主に全て安全性が証明されているものを使用するため安心して施工が可能です。


特殊抗菌コーティング

 

当社では宇宙航空研究開発機構『JAXA』の知的財産を活用した独自の技術により、液剤を微粒化したミストにより屋内外問わず隅々まで噴霧します。

微粒化したミストは周辺の熱を奪って瞬時に気化するため付着しても濡れたりべたつくことがないため養生することなく施工が可能です。


抗菌コーティングの詳細は動画でご覧いただけます。

また、使用する液剤は世界で最も厳しいアメリカの環境試験殺菌性基準『AOAC基準を満たした薬剤を使用するため効果と安全性が証明されているため病院や食品を取り扱う施設など様々な場所での対応が可能です。


オゾンとは

 

酸素の化学式はO2、オゾンはO3です。つまり、オゾンの分子は酸素原子3つからできており、酸素の同素体であることが分かります。

 

オゾン分子を形成する3つの酸素原子=O3は、酸素(O2)と比較するとかなり不安定であるという特性を持っています。そのため、オゾンは菌やにおいの物質が近くにあると、酸素原子3つのうち1つを分離させて酸素(O2)になろうとします。一方、菌やにおいの物質はオゾンの酸素原子と融合することにより酸化させられ、破壊されます。残った2つの酸素原子はO2=酸素となりますので、最終的に除菌・脱臭が行われた後の残留物質は酸素のみとなります。

 

使用後は酸素だけが残りますので、きわめて安全性が高いといわれています。

 


 

 

オゾンの効果

 

オゾンから生まれる酸素原子が、細菌の細胞壁や細胞膜、ウイルスのたんぱく質皮を酸化分解させることで細菌を破壊、ウイルスを不活化させます。

高濃度で室内にオゾンガスを燻蒸することで、浮遊菌だけでなく、付着菌も殺菌・ウイルス不活化の効果を得られます。高濃度で供給しつづければ、細菌を遺伝子レベルで破壊する強さも持っています。

 

また、オゾンは殺菌効果と共に強力な脱臭効果もあり、生活臭やカビ臭等の様々な臭気成分を迅速に分解・無臭化することができます。

オゾンは気体なので液剤の届かない箇所(床下や天井裏など)や空間全体を処理する場合に非常に有効な手段となります。

ただし、高濃度で使用する際は、人体に影響を及ぼすので人がいない場所で使用する必要があります。

SRIでは高濃度でオゾンを使用する際には対象の空間から外部にオゾンが漏れていないか徹底した濃度管理を行っているので安心して作業することが可能です。


SRIのオゾン施工

 

SRIでは国内最大級の発生量(12,000mg/hr)誇る機器を使用し従来では対応できない大規模な空間にも対応が可能です。

またオゾン発生が多いため従来より短時間で施工が完了し、費用面も抑えることができます。

 

一般家庭から施設や工場等の大規模な空間まで対応致します。