カビの胞子は常に空気中に漂い、壁などで増殖して胞子の量が増えると、感染症、アレルギー、中毒などを引き起こす原因となります。